記事一覧

1・交通事故の被害者となったときに

2・交通事故の保険知識が間違いだらけと知って

3・交通事故被害者として示談に臨むために

4・交通事故被害者向けマニュアル

5・何も知らない被害者のままだったら

6・知っていれば得なのではなく、知らないと大損なのです。


交通事故の保険知識が間違いだらけと知って

なぜ知らなと損をするのか?


殆どの人が
1.「保険会社はプロだから任せておけば大丈夫」と思っているか、
2.「自分は常識を心得ているから間違いない」とか、
3.「こんな話聞いた事あるからそうだろう」とか・・・


なんとなく判ったつもりになっているんですね。
しかし!


@その保険会社はあなたの代理人ではありません。
 あなたに支払う側の営利企業です。これが意味する事とは・・・

A常識がすべての事柄をカバーしているわけではありません。
 だから専門家がいたり、裁判所があるのです。

Bその話は信用できる根拠に基づいていますか?
 噂話は一人歩きを始めます。


これらの事は、あるサイトで配布されている交通事故被害者が知っておくべき無料冊子を読んで痛切に思い知らされました。


書いてる人は【ご自身が被害者として研究・実践・経験してきた事実に基づき、一般書籍ではなかなか書けない情報】を専門家となり公開していますから、内容に間違いはない筈。


もし、あなたやあなたの身近な人が交通事故の被害に遭われたなら、この無料冊子はきっと役にたつでしょう。


リンクはこちらですので、よかったら見て下さい。

無料冊子はここから・一番下に請求リンクがあります。

ご注意:リンク先は有料サービスも紹介していますが、とりあえずそち    らは無視して無料冊子だけ読めば十分役に立つでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80069328

この記事へのトラックバック
ご質問.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。