記事一覧

1・交通事故の被害者となったときに

2・交通事故の保険知識が間違いだらけと知って

3・交通事故被害者として示談に臨むために

4・交通事故被害者向けマニュアル

5・何も知らない被害者のままだったら

6・知っていれば得なのではなく、知らないと大損なのです。


用語説明・適用地域

交通事故の示談交渉は、保険に入っていれば保険会社がやります。
でもそれは、交通事故の被害者の立場ではありがたくない話です。
交通事故の示談交渉において、保険会社は相手方の加入保険ですので、当然、あなたの味方ではありません。
保険会社にとって有利な示談交渉が前提としてあります。
ムチ打ちは自覚症状以外に確認できるものが少ないため、すぐに治療打ち切り打ち切りと言いだします。
MRI磁気共鳴画像診断装置を使って、初期の状況を検査し、頸椎捻挫の証拠を探すことも肝要です。
交通事故の示談交渉とは、何も知らなければ悲惨な結果を招きかねないものなのです。



この情報は、北は北海道から青森・秋田・岩手・そして東京・神奈川あるいは愛知・三重・滋賀・和歌山・鳥取・島根・高知、南は大分・宮崎
・沖縄まで全国どこでも使える情報です。

電子情報でもありますので、いながらにして確認できます。
*情報の中に出てくる具体的手続きについては、地方により異なる場合がありますが、原則に地域差はありません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109383748

この記事へのトラックバック
ご質問.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。