記事一覧

1・交通事故の被害者となったときに

2・交通事故の保険知識が間違いだらけと知って

3・交通事故被害者として示談に臨むために

4・交通事故被害者向けマニュアル

5・何も知らない被害者のままだったら

6・知っていれば得なのではなく、知らないと大損なのです。


交通事故の被害者となった時に

あれは10年以上前の事です。
バイクで左右確認して交差点に進入したところ「なにか」の気配でふと左を見ると、目の前にワンボックスカーのフロントガラスと運転手の顔が。
瞬間「死んだな。」と、なぜか冷静に思いました。


数秒がたったのでしょうか。気付けば横転したバイクの上に座っている自分がいました。
さっき車を見た場所からは、おおよそ3〜5m程のところでしょうか。
どうやら大きなダメージはなさそうです。


しかし、あの「死んだな。」と思った時点からバイクの上で気付くまでの数秒間の記憶はありません。
いや、正確に言えばそもそも記憶していなかったのかも知れません。
人間は生命に危険を及ぼしそうな知覚を排除すると聞いた事がありますが、この時がそうだったのでしょうか。




この事故に関しての治療・保険請求は自分なりにまずまずだったと思っていました。
しかし、それは「知らなかった」だけだったようです。
「知っていれば」負担しなくて済んだ支出もあったようです。最近になってそれを知りました。


たまたま大きな事故にならなくて良かったものの、あれが後遺障害を残すような事態になっていたら・・・
果たして、きちんとした賠償を得られたでしょうか?
残念ながら答えはNo.でしょう。


なぜなら、あの時まだこれを知らなかったのですから。
保険会社の言う事を疑う事すらなかったのではないかと思うと恐ろしい限りです。



不幸にして、重大な被害に遭われた方。
他覚症状がない為に被害を過小評価されている方が正当な賠償を受けられる事を願ってやみません。
その為の方法がここにあります。

交通事故の保険知識が間違いだらけと知って

なぜ知らなと損をするのか?


殆どの人が
1.「保険会社はプロだから任せておけば大丈夫」と思っているか、
2.「自分は常識を心得ているから間違いない」とか、
3.「こんな話聞いた事あるからそうだろう」とか・・・


なんとなく判ったつもりになっているんですね。
しかし!


@その保険会社はあなたの代理人ではありません。
 あなたに支払う側の営利企業です。これが意味する事とは・・・

A常識がすべての事柄をカバーしているわけではありません。
 だから専門家がいたり、裁判所があるのです。

Bその話は信用できる根拠に基づいていますか?
 噂話は一人歩きを始めます。


これらの事は、あるサイトで配布されている交通事故被害者が知っておくべき無料冊子を読んで痛切に思い知らされました。


書いてる人は【ご自身が被害者として研究・実践・経験してきた事実に基づき、一般書籍ではなかなか書けない情報】を専門家となり公開していますから、内容に間違いはない筈。


もし、あなたやあなたの身近な人が交通事故の被害に遭われたなら、この無料冊子はきっと役にたつでしょう。


リンクはこちらですので、よかったら見て下さい。

無料冊子はここから・一番下に請求リンクがあります。

ご注意:リンク先は有料サービスも紹介していますが、とりあえずそち    らは無視して無料冊子だけ読めば十分役に立つでしょう。


交通事故被害者として示談に臨むために

前回ご紹介した交通事故被害者のための無料冊子は読まれましたか?
まだだよ。読んでみたい!方はこちら↓

無料冊子はここから・一番下に請求リンクがあります。


こちらのサイトでは更に詳しい有料マニュアルも売られていました。
読んでみましたが、これが有るのと無いのとでは示談で得られるものがまるで違うとわかりました。

(初めてネットで何か買うのは抵抗があったりするものですが、実際やってみると簡単ですね。)



☆事故にあったら出来るだけ早く主体的に行動しなければ、貰えるもの も貰えなくなる危険が大であり、また多くの人がそうなっている。と いう事は読まなければ永遠に知らないままでしたね。




これで、万一再び事故に遭っても最悪の結果は回避出来そうで心強いです。


もしよろしければ、あなたもご検討なさるといいですよ。
自分の身は自分で守るために。


詳細はこちら。


ご購入に関してご質問等ございましたら、わたしでもご相談にのれます。

お気軽にどうぞ。↓
ご質問はこちらから。

次回は他の有料マニュアルを比較してみますね。

交通事故被害者向けマニュアル

さて、ちょっと調べてみたところ交通事故被害者向けのマニュアルはいくつか出ているんですね。

(参考)

A.示談交渉を圧勝に導いた経験者が暴露する、交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル◇これであなたも自動車保険会社に対抗出来る!

B.交通事故 慰謝料を最大化させる示談交渉術 もう、保険会社には負けない!


上記マニュアルについては、持っていないので詳しくはわかりません。
ただ、Aは読めば一人で十分出来るということでサポートがついていません。相談しながらがいい人には不向きですね。
Bは説明文が過激すぎでわたしの性には合いませんね。(汗)


こうしてみると、やはりわたしも持っているコチラを買っておけば間違いないと思いますよ。

こばんお勧めの交通事故損害賠償請求マニュアル


ご質問等お気軽にどうぞ。
マニュアル内容に沿ったお応えが可能です。(著作権侵害にならない範囲で)

ご質問はこちらから。

で、もしこれ持ってなかったらどうなるんでしょう。
それは次回で。

何も知らない被害者のままだったら

さて、マニュアルを持ってなかったら。
持っていても実行しなかったなら。どうなるんでしょう・・・


とても素晴らしい保険会社の担当や積極的な医師、示談に詳しい弁護士があなたの周りにいて進んでアドバイスや手続きをしてくれる。


そんな環境でもない限り(ないですよね?普通。いや、ありません。)


★ムチ打ちの痛みや痺れを感じながら、薬と牽引に通う。
★3ヶ月が過ぎる頃、保険会社から「治療打ち切りを通告される」
★会社からは「いつまで休んでるの?仮病じゃないの?」と疑われる。

いやな感じですね。

★「痛いモノは痛い」と訴えるが、日にち薬と相手にされない。
★その症状は事故とは関係ないと決めつけられる。
★仕方なく示談に応じる。しかも、不当に低い金額と気付かず。
★その後後遺障害発症も、示談成立により1円ももらえない。

そんなこと・・・

★障害のため仕事を失う結果となり・・・

これ以上書けません。



脅かしているわけではありません。
現実に起こり得るリスクをちゃんとお伝えしなければなりませんから。


知らなかったばかりにこんなヒドイ目に遭っていいわけありません。
知っていれば、こんな結末は回避出来るんです。(行動は必要)
この内容をカバーしているなら、別のマニュアルでもなんでもいいんです。

ご質問はこちらから。


まず、知る所から始めましょう。
いま、あなたやあなたの身近な人が交通事故被害で困っているなら。
こちらを購入した方が早いです。

こばんお勧めの交通事故損害賠償請求マニュアル


次回は内容を振り返りながらのメッセージです。
よろしければ聴き下さい。


知っていれば得なのではなく、知らないと大損なのです。

さて、ここまで読んでいただいてどうお感じですか?


私が実際に事故に遭った事は人生で5回です。多いですか?


この内、1回は信号待ち停車時に自身のブレーキを踏む足が弱く
なり前の車にコツンとビスの痕を付けてしまった加害事故でした。
10000円程度の修理費用負担で済みました。大いに反省です。


あとの4回は被害事故ですが内2回は大した傷でないのが不思議
というより、生きているのが不思議な事故でした。


バイクごと飛んだ時もそうですが、軽自動車運転中トラックに
当て逃げされた時は軽自動車は右前部が大破し『廃車』処分に。


紙一重で事故にならなかったケースは数えきれない程経験しています。


濃霧の深夜、大型トラックに煽られ追突される寸前に脇道へ急ハンドル
で逃げ込んだ時、その道に他者がいればこちらが死亡事故加害者に
なっていたかも。逃げ込まなければぶつけられていました。


そのまま加速する選択肢はありませんでした。
なぜなら、その先は急カーブが連続する峠道です。


谷底へ叩き落とされていた可能性は大です。
脇道へ逃げ込む以外、助かる可能性は・・・。


それ位、極悪なトラック運転手は多いのです。
彼らは、真面目なトラック運転手の敵でもあります。


ちょっと話はそれましたが、ことほど左様に『交通事故の恐怖』は
身近なものなんですね。


そして、運よく命が繋がっても・・・
知らなければ精神的・経済的苦痛が何倍にもなってしまう。
結果。肉体的苦痛も増幅されてしまう。


それが、交通事故損害賠償の現場なんです。


このマニュアルには

事故に遭った時にまずやらなければいけないこと、
やってはいけないこと。
治療にあたる中で注意すべきこと。


保険会社の申し入れに対する対抗策。
後遺障害に備えた取り組み。等


知っておかなければ、やっておかなければならない事が
順を追ってわかりやすく解説されています。


是非、自分の身は自分で守る。
その一歩を踏み出しましょう。


長々とお読みいただきありがとうございます。
ご質問.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。